山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.434】ビバーナム・ティナス

2014.02.07

IMG_2070!ビバーナム・ティナス

科名/スイカズラ科

原産/南ヨーロッパ

 

大きくても2m程度の常緑低木で、ピンクのつぼみから白い花が咲き、秋にはブラックブルーの実が付きます。

とても丈夫な植物で、管理次第ではコンパクトにまとまり、日照不足にも強いので、狭い庭や北側の庭にも安心して植えられる花木です。切り花として、花や実も人気の品種です。

 

《管理方法》

日当たり~半日陰の場所を好みますが、日陰にも強いです。1日中日光に当てる必要はなく、半日ほど日が当たれば木もしっかりとした姿に育ちます。肥料は特に必要ありませんが、日当たりがよく土が乾きやすい場所では、保湿もかねて冬と夏に株周りに堆肥をすき混みます。枝の伸びや葉色が悪い場合は、少量の化成肥料をばらまきます。

土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。庭植えの場合、植え付けた後に根付くまではしっかりと水をやりますが、その後は降雨だけで十分です。真夏に日照りが続いて極度に乾燥しない限りは水をやる必要はありません。

剪定は不要な枝を取り除く程度でよいです。春に開花し、その花の咲いていた所から翌年の花芽が付く枝が新しく伸びてきますので、まんべんなく刈り込んでしまうと、翌年に花が咲かなくなってしまう場合があります。ただ、樹の伸びる勢いは強いので、樹高を低くしたい場合は思い切り切り詰めることもできます。剪定の適期は落葉期の12月~3月です。