山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.426】ぞうさんビオラ

2013.12.06

CIMG3842!ぞうさんビオラ

科名/スミレ科

 

前から見るとまるでぞうさんの顔!!花弁がぞうさんのお鼻のようにクルリとなってユーモラスなビオラです。

ぞうさんビオラは花粉が出ずタネもつかないので、秋から春にかけてなが~く咲き続け、花壇やベランダを華やかに、そして愛らしく彩り、殺風景になりがちな冬のガーデンにはなくてはならない存在です。

花色も微妙に違いがあり、お好みの花色を見つけるのも楽しみの1つです。花壇や寄せ植え、ギャザリングにおすすめです。

 

《管理方法》

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。寒さに強く、秋のうちに十分根を張らせておけば、雪の下や少々土が凍っても越冬できるほどの丈夫な株になるでしょう。室内で観賞する場合は、日中外気によく当て、締まった株になるように管理します。

花が終わったあとの花がらや枯れた葉をこまめに取り除くと病気が出にくくなります。陽気がよくなるとアブラムシがつきやすくなります。ほうっておくと吸汁して植物を弱らせてしまうので、早めに殺虫剤を散布しましょう。

葉の色が深い緑色から薄い緑色になってきたら光線不足か肥料不足が原因です。肥料は緩効性肥料を定期的に与えると生育が良くなり次々と花を咲かせます。

開花が進んで徒長してしまった場合は、地ぎわから5節程度の所で刈り取り、追肥を施すと約1ヶ月後に再び花を楽しむことができます。