山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.417】プチダリア・ハミングブロンズ

2013.10.04

CIMG2857!プチダリア・ハミングブロンズ

科名/キク科

 

ダリアは、豪華で力強い印象を与える大輪種から可憐な小輪種まで大小さまざまあり、古くから親しまれてきた球根植物です。花の大きさだけでなく、シンプルな一重咲きや変化咲き、木のように大きく育つ皇帝ダリア、チョコレートの香りのするものなど、品種が非常に多く、幅広い用途で楽しめるのが人気の理由とも言えます。より花色が鮮明で花数の多くなる秋は、ダリアの魅力が最大限に発揮される時期で、花壇の主役となって大活躍してくれます。

「プチダリア・ハミングブロンズ」は、可愛らしい小型の花と銅葉が特徴のコンパクトタイプのダリアです。花と葉の美しいコントラストはお庭でのインパクトが抜群で、寄せ植えにも最適です。良いアクセントカラーとなるので、カラーリーフとしても楽しむことができます。

 

《管理方法》

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。土は水はけの良いものを使用します。水やりは土の表面が乾いたら行います。鉢植えの場合は鉢底から水が染み出るくらいたっぷりと与えます。ただし、過湿は嫌うため水の与え過ぎには注意しましょう。

肥料は、開花期間中に緩効性固形肥料を月1回程度か、液体肥料を週1回程度与えると良いです。花数が減ってきたら、株の4分の3程度を残して刈り込みましょう。より株がしっかりとして花付きも良くなります。冬場は霜避けをすると安心です。