山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.405】パラシュートプランツ

2013.07.05

CIMG1966!パラシュートプランツ

科名/ガガイモ科

原産/南アフリカ・モザンビーク

 

《特徴》

ガガイモ科の植物で、「ハートカズラ」とは近縁です。パラシュートプランツは独特な花の形が魅力的です。花から虫を呼び寄せる匂いを出して、花の中に招き寄せます。花の中には奥向きに細かい毛が生え、虫が入ると脱出困難なつくりになっていて、虫が花の中で動き回っているうちに受粉させられる仕組みになっているようです。

 

《管理方法》

日当たりと水はけの良い所を好みます。日が当たると蕾をよく付けて花を咲かせます。夏は直射日光を避けて半日陰で管理して下さい。多肉植物なので乾燥には強く、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。土の表面が乾いてから水を与えて下さい。受け皿に水が溜まっていたら根腐れの原因になりますので、水は捨てて下さい。気温が下がってくる秋ぐらいから生育が止まりますので、水は控えて下さい。

寒さには弱いので、冬は室内の暖かい所で管理して下さい。8℃以上あれば越冬しますが、12℃以上あった方が無難です。花が咲くのは15℃以上で、15℃以上を保つことが出来れば周年花が咲きます。

 

《植え替え・剪定》

植え替え適期は6月~9月中旬頃で、2年に1度ひと回り大きな鉢に植え替えて下さい。ツル性なので、長くなりすぎて困った時は適当に切り戻しても差し支えありません。ただし、秋頃から多く花が咲き始めますので、8月以降の剪定は少し揃える程度にした方が、花を早く見ることができます。