山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.403】エキナセア

2013.06.21

CIMG1924!エキナセア

科名/キク科

原産/北アメリカ

 

エキナセアは、北アメリカに自生する宿根草です。草丈は1m近くになることがあります。花が咲き進むにつれて、花芯が盛り上がって花弁が垂れ下がる独特な姿になります。欧米ではハーブティーとして飲まれ、炎症や傷の治療薬として北アメリカの先住民に利用されていました。

野性味があるのでナチュラルガーデンによく合います。切り花、ドライフラワーなど、幅広く使うことのできる植物です。

 

《管理方法》

日当たりのよい場所に植えてください。日陰ではうまく育たず、花付きも悪いです。少なくとも、半日は日に当たる場所で育てましょう。鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をしっかりとやってください。庭植えにした場合は、根付くまではしっかりと水をやりますが、一旦根付いたら、日照りで極端に乾燥しない限りは水をやる必要はありません。真夏も夕方や早朝の涼しい時間帯に水を与えると、高温による蒸れをある程度防ぐことができます。

花が枯れてきたら花茎ごと切ります。そうすることで、次々と新しい花が咲いてきます。肥料は、春と秋に緩効性肥料を与えます。冬は茎葉が枯れて休眠します。寒さにはかなり強く、凍結させなければ春に芽を出します。