山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.398】ペンステモン

2013.05.13

130517_hana1科名/ゴマノハグサ科

 

釣鐘型のものや筒状でふっくらした形の可愛らしいものなど、ユニークな花の形が人気の植物です。赤や白など花色はいくつかありますが、中でも青紫系は非常に鮮やかでひと際目を引きます。

ほとんどのものは常緑性で、冬のお庭のグリーン材料としても多く利用されます。ギリシャ語で数字の5をあらわす「ペンテ」と、「ステモン」(雄しべ)が合わさった「5本の雄しべ」が名前の由来と言われています。

 

《管理方法》
日当たりと水はけの良い場所で育てましょう。ただし、強い日差しはやや苦手なので、夏場は西日の当たらない風通しの良い場所での管理が安心です。水は土の表面が乾いてから与えます。鉢植えの場合は、鉢底から水が染み出るくらいタップリとやりましょう。

肥料は、4~5月と9~10月にそれぞれ緩効性固形肥料を月1回程度か、液体肥料を週1回程度与えると良いです。花がらをこまめに取り除くと株への負担が少なく、次の花が咲きやすくなります。ひととおり花が咲き終わった茎は、わき芽の出ている位置まで切り戻しましょう。