山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.397】スーパーベル「レモンスライス」

2013.05.09

130510_hana3科名/ナス科

 

《特徴》
米国メディアのコンテストで史上初の「消費者」「メディア関係者」「業界関係者」の3冠を受賞。世界初のストライプが入る「レモンスライス」の花はまさに「レモンの輪切り」。株のまとまりがよく、小鉢でも乱れにくい草姿。

スーパーベルは「PW」(Proven Winners/アメリカの優れた草花をセレクトするブランディング機関)が選んだ、暑さや雨、病気に強いカリブラコアです。多花性で半立ち性のタイプですので株の中心にも花がつきやすく、また花期が長いため春から秋まで長く楽しめます。

 

《管理方法》
スーパーベルはカリブラコアなので、通常のカリブラコアと同じように管理します。関東以西では冬に霜の降りない場所で管理すれば越冬して、春には新芽が出て花が咲きますが、何年かで株は弱ってしまいます。

土が乾いていたら水をしっかりとやります。夏は水の蒸発が激しいので、朝と夕方の2回、しっかりと鉢の底から水が染み出すくらいにやります。昼に水をやると、水が沸騰して根を傷めてしまいます。湿気に弱いので、梅雨時期は軒下に移動すると良いですが、移動しなかったからといって枯れるわけではありません。しかし、梅雨時期は下草を処理して風通しを良くしてあげましょう。

ナス科の植物のため、他のナス科やウリ科の植物の後に植えると連作障害を起こします。前年にナス科・ウリ科の植物を植えた土に植えると、発育不良や病気になりやすいといったことになりますので、新しい土で植え替えて下さい。とても花つきが良い植物なので、生育する時期の間は肥料をきらさないようにしてください。