山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.382】アリッサム「サミット」

2013.01.17

130118_hana2科名/アブラナ科

 

アリッサムは、パンジーやビオラと並び、冬のお庭には欠かせない代表的な草花です。

「サミット」は、まるで菜の花のような鮮やかな黄色い花を咲かせるアリッサムです。一般的なアリッサム同様、甘い芳香もあり、明るい春を感じさせてくれるオススメのお花です。ヨーロッパでは、花が黄金色に見えることから「バスケット・オブ・ゴールド」と言われています。

 

《楽しみ方》
花壇やプランターなどで楽しめます。寄せ植えでも単体でも見映えが良いです。主張しすぎない可憐な印象で、他の草花との相性も良いため、ロックガーデン用の草花としても適しています。

 

《管理方法》
日当たりの良い場所で育てましょう。水やりは土の表面が乾いたらタップリと行います。庭植えの場合、晴れの日が続いて極端に乾く時以外は水やりの必要はありません。肥料は2週間に1回程度、薄めの液肥を与える程度で十分です。植え付けの際、緩効性肥料を元肥としてあらかじめ土に混ぜ込むと良いです。

こまめに花がらを摘み取ることで株への負担が少なく、より花が咲きやすくなります。株全体が満開を過ぎた頃に3分の1程度に刈り込むと、再び茎が伸びて花を咲かせます。真冬の厳しい寒さにもよく耐えますが、強い霜の降りる時期は、軒下で管理したり覆いをするなどの防寒対策をすると安心です。