山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.380】クリスマスローズ「ゴールドマリー」

2013.01.04

130104hana2科名/キンポウゲ科
原産/東ヨーロッパ・西アジア

 

清楚な白い花が美しいクリスマスローズ・ニゲル「ゴールドマリー」は、ドイツで育種された一代交配種の人気のクリスマスローズです。通常ニゲル種はシンプルな一重咲きですが、この品種は大輪の豪華なバラ咲きで、株はコンパクトにまとまります。惚れ惚れするニゲルです。和風・洋風の庭にぴったりで、花の少ない冬に咲きます。

 

《管理方法》
とても丈夫な花です。落葉樹の下のように、秋から冬によく日が当たり、真夏は日陰になるような場所、風通しのよい場所が適しています。水はけのよい適湿からやや湿潤の土を好み、乾燥は苦手です。梅雨から夏場の高温多湿は嫌います。

生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。半休眠期は根が水分をさほど要求しないので、土を多湿にしないように気をつけます。しかし、真夏は乾きやすいので(風通しのよい日陰ならさほどではありませんが)、極端な乾燥状態にならないようにしましょう。

肥料は、植え付け時に元肥を与え、秋から春までの生育期に追肥を与えましょう。半休眠期に肥料を与えると、根や株を傷めて逆効果となります。植え替えの適期は10月~3月頃です。根を傷めないように注意しましょう。