山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.379】八重咲きパンジー「フェアリーチュール」

2012.12.28

121228_hana1科名/スミレ科

 

《特徴》
完全八重咲きのパンジーで、魅力的な花色と上品に重なり合う花びらが非常に美しいです。

この品種は八重咲きで種ができないため花持ちが抜群に良く、寒い時期なら10日ぐらい持ちます。草姿はコンパクトで生育は比較的緩やかですが、花上がりは抜群に良く、6月頃まで株も乱れず咲き続けてくれます。

 

《管理方法》
日当たりと水はけの良い所を好みます。日照不足だと、花付きが悪くなったり、茎がひょろひょろに育ってしまいます。北向きの場所では花付きが悪くなります。寒さには強いので特に防寒を行う必要はありませんが、霜や強い寒風がもろに当たるような場所では葉が紫色っぽく変色してしまうことがあります。

水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。冬場は夕方以降に水やりをすると、夜間の冷え込みで土が凍ってしまうことがあるので、できれば午前中に与えるようにしましょう。土が凍ってもパンジーは枯れることはありませんが、水が吸えなくなるのでしおれたようになることがあります。日が射してきて暖かくなって土の中の水がとければピンと戻ります。

肥料は月に1回、緩効性肥料を与えるか、1週間に1度、液体肥料を与えて下さい。