山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.367】フォーチュンベゴニア(球根ベゴニア)

2012.10.05

121005_hana1科名/シュウカイドウ科

 

華やかで豪華な雰囲気いっぱいの人気の球根ベゴニアです。花色が豊富で、丈夫で育てやすい点も魅力的。どのような草花とも相性が良く、幅広く楽しめるため、これからの花壇やお庭の主役になってくれます。

お彼岸の頃から霜の降りる時期まで次々と迫力ある綺麗な花を咲かせてくれます。雌雄異花のため1株で八重と一重の2種類の花を楽しめる面白い特徴もあります。

 

《楽しみ方》
花壇やハンギング、プランター(コンテナ)などで楽しめます。切り花にすることも可能です。単体でも十分美しいですが、カラーリーフや花の小さな草花と合わせるとよくひき立て合います。色違いで混植すると華やかさがアップするのでオススメです。花色を上手に組み合わせて様々なイメージを楽しみましょう。秋の深まりとともに、より美しく咲いてくれます。

 

《管理方法》
日当たりの良い場所で育てましょう。ただし、6月から10月上旬くらいまでは西日の厳しい場所を避け、明るい半日陰での管理が最適です。それほど日当たりの良くない場所でも生育可能です。

水やりは土の表面が乾いたらタップリと行います。できるだけ花に水がかからないよう、株元に与えるようにしましょう。肥料は、開花期間中に緩効性固形肥料を月1回程度か、液体肥料を週1回程度与えると良いです。

こまめに花がらを摘み取ることで株への負担が少なくなり、より花が咲きやすくなります。寒さには強いですが、霜の多い時期は軒下に移動させたり、覆いをするなどして防寒すると安心です。