山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.363】クリスタルジャスミン

2012.09.07

120907_hana2科名/モクセイ科
原産/オーストラリア

 

《特徴》

クリスタルジャスミンの花は開花状態で直径が1cmほどの小さい花です。そんな小さな花でも、花びらはちゃんと7枚付いています。この花の一輪の寿命は1~2日です。

暑さにも比較的強く、初夏から秋にかけて多くの花を次々に咲かてくれます。花からは甘く高貴な香りを漂わせます。ジャスミンの香りは気分が高まった時にはそっと鎮め、落ち込んだ時には高揚させてくれる働きがあり、気持ちのリズムを整えてくれるリラックス効果があります。花は咲き終わると、ほとんどが勝手に落ちていきます。比較的温暖な地域では凍結することがなければ戸外でも越冬は可能です。耐寒温度は5℃なので冬は室内で管理した方が無難です。

 

《管理方法》
日当たりと水はけの良い所を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えて下さい。湿度が高いのは苦手なので、根腐れに気をつけて下さい。春から夏にかけて良く育ちますので、月に1度、緩効性の肥料を与えるか、1週間に1度、液肥を与えると良く花が付きます。繁殖は初夏に挿し木をします。勢いの良い枝を2節ずつ切って上方は葉を半分切り、下方は葉をはずして節から2~3cm下を斜めに切り取り挿します。