山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.352】サンビタリア「サン!サン!サン!」

2012.06.15

120615_hana1科名/キク科
原産/グアテマラ・メキシコ

 

《特徴》
小さな太陽の様な花を次々に咲かせます。従来品種よりも小葉で乾燥にも強く、初夏から秋まで楽しめます。横に広がって伸びる性質なので、寄せ植えのアクセントやグランドカバーとしても最適です。

 

《管理方法》
日当たりと水はけの良い所を好みます。生育期間を通して、戸外の日光の良く当たる場所で管理して下さい。また、過湿に弱いので、鉢植えの場合は梅雨の長雨の時期には、雨の当たらない場所に移動させると良いです。梅雨時期に株が蒸れると立ち枯れ病にかかりやすくなりますので、茂りすぎて株の内側の風通しが悪くなっている場合は、茎を切って風通しを良くしましょう。

非常に暑さに強いので、日よけなどの暑さ対策は不要です。乾燥には強く、地植えの場合は真夏にひどく乾く場合を除いて、水やりをおこなう必要はないでしょう。鉢・コンテナ植えの場合は、土が乾いたらたっぷりと水を与えます。常に土が湿った状態にしておくと、根腐れをおこしたり立ち枯れ病の原因になりますので、必ず土の表面が乾いてから水を与えるようにしましょう。肥料は月に1度、緩効性の肥料を与えるか、1週間に1度、液肥を与えると良いです。