山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.349】ピンクバナナ(観賞用)

2012.05.25

原産/インド
科名/バショウ科

 

《特徴》
インド原産で、とても珍しいピンクの実をつける観賞用のバナナです。学名「ムサ・ヴェルティナ」というバナナの仲間で、花序は上向きにつき順次橙黄花を咲かせ、長さ7cm、直径3~4cmの淡紅色の果実をつけます。

非耐寒性の常緑多年草で2~3mほどに成長します。丈夫で育てやすく、関東以西の暖かい地域なら露地植えでも栽培できます。

120525_hana3植えつけ後1年ぐらいで結実します。果実は食べられますが、糖度も普通のバナナに比べて低く、黒いタネを含んでいますので食用にするにはあまり向かないかもしれません。ガーデニングのシンボルとして、実を切り花としても楽しめます。

 

《管理方法》
春~秋の高温期に肥料と水をたっぷり与えて育てます。これらが不足すると生育が遅れて花が咲きません。花が咲いた株は終わりなので、翌年は脇から出てくる子株を育てます。

低温にも強く、5℃以上あれば越冬が可能です。氷点下になると地上部が枯れますが、春には芽を出して成長します。地上部が枯れている間は水と肥料は与えなくて良いです。

実は先端が割れてきたら食用出来ます。タネが多いですが、ほんのり甘いバナナ風味が楽しめます。