山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.333】コロニラ バリエガータ

2012.02.03

120203_hana1科名/マメ科

 

半つる性のように伸びていき、ふんわりとした鮮やかな黄色い花を咲かせる草花です。斑入りの葉なので、花の咲いていない時期でも明るくお庭や玄関などを飾ってくれます。冬から開花株が店頭に並びますが、本来は概ね春から初夏にかけて開花します。

 

《楽しみ方》
鉢植え、花壇や寄せ植えなどで楽しめます。美しい斑入りの葉も他の草花とよく引き立て合い、より華やかな雰囲気になります。茎は弱いので、背の低いイメージで植えるか、フェンスや支柱など何かに沿わせて立たせると良いでしょう。花ガラはこまめに摘み取るようにすると株への負担が少なく、より長く花を楽しめます。

 

《管理方法》
日光を好みますが、直射日光で葉焼けを起こすことがあるため、半日陰での管理が最適です。高温多湿を嫌うので、特に夏場は風通しの良い場所に置くようにしましょう。水やりは土の表面が乾いたらタップリと行います。冬でもよく水を吸い上げるので、水切れには注意しましょう。

肥料は、開花期にリン酸分の豊富な緩効性固形肥料を月1回程度か、液体肥料を週1回程度与えると良いです。寒さには強いですが、霜に当てないよう防寒した方が安心です。草丈が伸びすぎた場合は、切り戻しをするとコンパクトで花付きの良い株に仕立てることができます。