山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.325】栄養系ビデンス「ハッピーイエロー」

2011.12.02

111201_hana1科名/キク科

 

ビデンスは花がコスモスに似ているところから、「ウインターコスモス」とも言われます。鮮やかな黄色が特徴で、こんもりと咲きます。

「ハッピーイエロー」は栄養系で生育旺盛なので、庭や花壇が寂しくなりがちな晩秋から冬に花を咲かせてくれる「季節の合間」を埋める草花として人気があります。

 

《楽しみ方》
強健で育てやすく、従来のビデンスに比べて草丈がコンパクトな品種なので、鉢植え・寄せ植え・花壇のいずれにも向きます。株はよく枝分かれして、自然とこんもりまとまります。

 

《管理方法》
日当たりと水はけの良い場所を好みます。耐寒性が高く、特に防寒の必要はありません。水は、土の表面が乾いたら与えます。真冬は休眠していますので、やや乾燥気味で管理します。肥料は、植え付けする際に土の中に元肥を混ぜておき、その後は追肥として月1回程度、液体肥料を与えます。

元々さほど肥料を必要としない植物で、与えすぎると茎葉は茂りますが、花付きが悪くなるので気をつけましょう。生育旺盛で、葉がよく茂り茎が伸びるので、夏に20cmほどに短く刈り込みましょう。そうすることでワキから新しい芽が出てきて伸び、ちょうど良い草丈で花を咲かせてくれます。また、咲き終わった花はそのままにしておかずにこまめに摘み取ることが花を長く楽しむコツです。