山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.320】ユーパトリューム「チョコラータ」

2011.10.28

111028_hana2科名/キク科
原産/東アジア

 

茶褐色~暗緑色の葉・茎と、秋に咲く白花のコントラストが美しい、フジバカマの銅葉品種です。純白のフワフワした小さな花を咲かせます。植え付け後、2年目には大株になり、草丈は1mほどになりますので、花壇やお庭の植え込みに使うと、適度なボリュームと美しい葉が周囲の植栽を引き立ててくれます。丈夫で病害虫の心配が無く、育てやすい草花です。

 

《楽しみ方》
庭や花壇への地植え、鉢植え(プランター)や寄せ植えなどで楽しめます。鉢植えで株が大きくなった場合は、枝の長さの2分の1でカットし管理すると、高さと幅が抑えられます。

 

《管理方法》
地植えにする場合は、半日陰の場所が理想的です。耐暑性がやや低く、真夏の直射日光と強い西日の当たらない半日陰程度のところで管理するのが安心です。土の表面が乾いたら水をたっぷり与えましょう。真夏は蒸発が激しく、水切れがおきやすくなりますので、気をつけましょう。

肥料は、植え付け時にゆっくり効く緩効性肥料を与え、追肥として地植えの場合は春と秋に、鉢植えの場合は冬を除いて月に1回ずつ緩効性肥料を株元に与えて下さい。

1度植えつけると、数年間は植えっぱなしにできます。冬期、地上部が枯れてきたら、株元で切り戻して下さい。耐寒性宿根草なので、冬期は地上部は枯れますが、地下部は休眠して春に新しい芽を出します。