山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.319】サルビア・スプレンデンス「あやのピーチ」

2011.10.21

111021_hana2科名/シソ科
原産/ブラジル

 

サルビア・スプレンデンス「あやのピーチ」は、見るとやさしい気持ちになれるやわらかなピンクの花をたくさん付けます。草丈がやや高めになり、花穂が長いのも特徴です。病害虫に強く、また発生することも少ないため、管理の簡単な草花です。摘心(先端の芽を摘むこと)して枝数を増やし、肥料を切らさないようにすれば、見ごたえのある大株となります。

 

《楽しみ方》
庭や花壇への地植え、鉢植え(プランター)や寄せ植えなどで楽しめます。やわらかな色合いで他の草花やカラーリーフ等との相性も良いので、合わせて植えるとよいでしょう。

 

《管理方法》
日当たりが良く、水はけのよい場所を好みます。肥料は、植え付け時に元肥を、追肥は1~2ヶ月に1回緩効性肥料を与えます。開花中に肥料切れすると、花付きが悪くなります。水やりは、土の表面が乾いたら行いましょう。真夏は乾燥させないように注意しましょう。過湿を嫌いますので、過剰な水やりはしないようにしましょう。咲き終わった花は花茎の付け根から切りましょう。観賞期後には切り戻して、株元に敷きわら等をして霜害から守ってあげると、翌春には再び美しい花を咲かせてくれます。