山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.309】ルドベキア「プレーリーサン」

2011.08.12

110812_hana2科属/キク科ルドベキア属
原産/北アメリカ

 

初夏から秋にかけて、ヒマワリのような鮮やかなイエローの花を咲かせます。「プレーリーサン」は、花の中心部が黒ではなくライム色をしていて、花の直径が10~15cm程度の大輪種です。

株元から多く分枝する多花性で、花壇やコンテナ植えに適しています。草丈が約50~60cm程になるので、花壇の中央部や背景にするとバランスが良いでしょう。さわやかな花色と乾燥や暑さにも強い性質から、夏に最適なお花です。

 

《管理方法》
日当たりと風通しの良いところを好みます。乾燥に強く、普通の庭土でもよく育ちます。大きな株になりますので、30cmほどの間隔をあけて植えつけると良いでしょう。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。過湿には弱いので、水の与えすぎには注意しましょう。

肥料は、緩効性肥料を控えめに与えます。基本的には1年草ですが、暖かい地域で環境が整えば、冬越しして翌年も花を咲かせることがあります。ふやし方は、タネがよく発芽します。タネがこぼれたまま放っておいても生長するほど丈夫です。