山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.298】ゆうびポーチュラカ(サマーベビーシリーズ)

2011.05.27

110527_hana3原産地/温帯~熱帯地方
科名/スベリヒユ科

 

ヨーロッパ・全米で認められた、世界初の終日咲きポーチュラカです。通常のポーチュラカは、午後にはしぼみ始めるところ、なんとこの「ゆうびシリーズ」は夕方まで(中には夜8時ごろまで)咲き続けるという新しい品種です。小輪八重咲きで、丈夫で霜の降りる頃まで咲きます。病害虫や乾燥、日本の暑い夏にも強く、たっぷりと溢れるほど花を付けます。管理の手間もかからないので、ビギナーガーデナーにおすすめです。ハンギングやグランドカバーに最適です。

 

《管理方法》
ポーチュラカは日光が大好きです。日当たりの良い場所で育てましょう。日光が不足すると、花付きが悪くなりやすいので、出来るだけ屋外で育ててください。乾燥にも強いため、コンテナでの栽培にも向いています。水は、土が乾いたら与えてください。肥料は、植え付け時に緩効性肥料を与えます。1株が30~40cmぐらいに大きくなるので、間隔は余裕をもって植えてください。ピンチをするとより一層ボリュームアップします。花付きが悪くなったら切り戻して株型を整えます。切り戻した時は、緩効性肥料を与えてください。寒さに弱いので、冬は室内に入れて、乾燥気味に管理してください。