山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.286】ムルチコーレ「ひなたぼっこ」

2011.03.04

110304_hana3原産地/北アフリカ

 

黄色の可愛らしい小花をたくさんつけるキク科の植物です。従来のムルチコーレは、横に広がる性質が強いのですが、この種は花茎が上に伸びる性質がありますので、こんもりドーム状になります。性質はとても強く、3月頃から初夏まで長期間楽しめます。乾燥した地域の原産なので、少し肉厚の葉をしています。

 

《楽しみ方》
草丈は10~20cm程度で、花壇やプランター栽培に適しています。大きめの丸型コンテナに4~5株植えると、より一層ボリューム感を楽しめます。また、白い小菊のノースポールと一緒に植えると黄色と白のコントラストが美しく、相性がとても良いです。

 

《管理方法》
日当たりと水はけの良いところを好みます。半耐寒性で霜に弱いので、冬は不織布などで覆うとよいでしょう。水は土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう。多湿になると根腐れを起こすので、メリハリをつけた水やりを心がけましょう。肥料は植え付け時に元肥を与え、追肥は月に1~2回程度、薄めの液体肥料を与えます。チッソ肥料が効きすぎると、花付きが悪くなるので注意しましょう。セルフクリーニングの性質があり、花がら摘みが不要なので、お手入れは簡単です。