山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.269】チェリーセージ「イチゴミルク」

2010.10.29

101029_hana2科名/シソ科
原産地/メキシコ

 

赤いイチゴの上に白いミルクのイメージが可愛らしく、気温によって花色が変化し、ハーブの中でも開花期間が長いのが特徴で、春から秋まで咲き続けます(真夏は除く) 。スラリと伸びた細い茎の先に花をつけ、花径2cmくらいの唇形の花が咲きます。野草のような自然な雰囲気を楽しめます。

 

《楽しみ方》
丈夫で育てやすいので、ガーデニング初心者の方にもおすすめ。庭に植えておけば毎年のように花を咲かせます。

 

《管理方法》
日光を好むので日当たりのよい場所で育てます。成長すると株張りが50cm以上になるので、植え付け時は株間を十分にとって植えましょう。鉢植えでも栽培可能です。肥料は、植え付け時に元肥として緩効性肥料を与え、月1回固形肥料を置肥します。

冬の耐寒性はマイナス5度ぐらいと比較的強く、暖地では花壇で越冬します。水は土の表面が乾いたら与えましょう。枝が伸びて樹形が乱れたら、刈り込んで樹形を整えます。秋の開花後は、草丈3分の1から3分の2ぐらい、好きな所で切り戻します。春になると切り戻した下の枝からわき芽が出てきます。挿し木で簡単にふやせます。病害虫の心配も少ないので手がかかりません。