山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.262】サンタンカ「チャームピンク」

2010.09.10

1009010_hana3科名/アカネ科
原産地/東南アジア

 

熱帯各地に分布する背丈の低い樹木です。葉は光沢の強い濃緑で、花は鮮やかなピンクの小花が集まり半球状に咲く姿が、エキゾチックな印象です。

沖縄では路地でよく見られ、「オオゴチョウ」「デイゴ」と並び、沖縄三大名花のひとつに数えられています。花色はオレンジ色をはじめ、赤や黄などありますが、ピンクの品種は流通量が少なく珍しいです。

 

《楽しみ方》
庭木として用いることもできますが、最低温度が10℃程度必要ですので、移動しやすい鉢花として楽しむのが一般的です。

 

《管理方法》
日当たりの良い場所を好みます。冬は室内で日当たりのよい窓辺などで冬越しさせてください。やや湿った場所を好み、乾燥を嫌いますので、土の表面が乾いたら、水をたっぷりと与えます。開花期に水切れすると花の寿命が短くなるので、注意が必要です。秋以降は水やりの回数を徐々に減らし、冬は乾かし気味にするとよいでしょう。

肥料は、春から秋の生育期に緩効性肥料を2ヶ月に1回程度与えます。根張りが良く、根詰まりを起こしやすいので、毎年6~7月頃に植え替えが必要です。増やし方は、さし木で増やすことができます。5~7月の間に行うのが良いでしょう。