山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.261】ルリマツリ(プルンバーゴ)

2010.09.03

100903_hana2科名/イソマツ科
原産地/南アフリカ

 

夏の花で、日本の炎天下の気候でも次々と花をつけます。初夏から秋にかけて涼しげなブルーの花を咲かせる半つる性の花木です。小さな花を頂部にかたまって咲かせ、手まり状になります。

 

《楽しみ方》
花壇や鉢植え、ハンギングで楽しめます。大きくなってきたら支柱やトレリスなどに絡ませたりして楽しめます。

 

《管理方法》
熱帯地方が原産地だけに暑さに強く、日当たりのよい場所を好みます。日照不足になると花の咲き方が悪くなるので、できるだけ日光のよく当たる場所で育てましょう。冬は霜よけ程度で戸外でも冬越しできます。寒さにあたると落葉しますが、春には芽吹きます。

水やりは、土の表面が乾いたらたっぷり与えてください。生育が旺盛な時期、とくに真夏はよく乾くので、朝夕2回水を与える位でも結構です。肥料は、春から秋にかけては1ヶ月に1回、緩効性化成肥料を施すか、水やりのかわりに液肥を施してもOKです。

花後は、花穂のすぐ際を切ると、一番早く次の花が咲きます。伸びすぎて困るようなら好きなところで切り戻すと、節々から再び芽が伸びて花をつけます。剪定は、3月頃に枝を約1/3まで切りつめます。植え替え時期は5月で、適期に植える際は土を半分ほど替えて、新しい土で植えましょう。適期以外はまわりの土を落とさずに植え替えます。