山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.248】フリンジビンカ

2010.06.04

100604_hana2科名/キョウチクトウ科

草丈/30cm~50cm

 

《特徴》
フリンジ咲きの日々草です。四季咲き性で花保ちが良く、花落ちもしません。日々草は、夏の暑さに強く、鉢植えや花壇に最適な植物です。毎日のように新しい花を咲かせるところから「ニチニチソウ(日々草)」の名前があります。

 

《楽しみ方》
生育が旺盛なので、大きめの鉢やプランター・花壇などに植えつけて下さい。草丈は30cm~50cmで、横に広がりながら大きくなるので、ハンギングやスタンド鉢にもよく似合います。水あげが良く、切り花としても楽しめます。

 

《管理方法》
充分に日光の当たる場所で育てましょう。できれば一日中、日の当たるところが一番良いです。日陰だと間延びしてヒョロヒョロになり、花つきが悪くなります。

秋頃には枯れてしまいますが、本来は毎年花を咲かせる多年草なので冬越しは可能です。霜の季節には室内で管理して下さい。室温で15℃前後あれば、冬の間も咲き続けます。

水は土の表面が乾いてから与えましょう。水をやりすぎると根腐れをおこして株がダメになってしまうことがあるので気をつけましょう。梅雨時期の長い雨にも注意して下さい。肥料は月に1度緩効性の肥料を与えるか、2週間に1回程度液肥を与えると良いでしょう。

枝が伸びすぎて株全体のバランスが悪くなってしまったら、茎を軽く切り戻しましょう。夏の間は特に生育が旺盛で、多少刈り込みすぎてもすぐにワキ芽が伸びてきて回復します。