山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.238】ムスカリ

2010.03.26

100326_hana3科名/ユリ科
原産地/地中海沿岸

 

丈夫で育てやすい球根草花の代表的な植物です。可愛らしい小さなベル状の青い花をたくさん咲かせます。他の草花と合わせると驚くほどお互いをよくひき立たせ合います。花姿がブドウの実によく似ていることから、「ブドウヒアシンス」という別名を持ちます。最近は、白や紫などの花色の品種も見られるようになりました。

 

《楽しみ方》
花壇やプランターに寄せ植えするとよくひき立て合います。特にチューリップとの相性は抜群で、寄せ植えの定番としてよく利用されます。単体で植える場合は、群植すると見映えします。

 

《管理方法》
半日陰でも問題なく生育しますが、日当たりの良い場所に植えた方がより鮮やかな色の花を咲かせます。用土は水はけの良いものを使用しましょう。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。水が不足すると球根が十分に太らないため、翌年の花つきが悪くなります。

7月頃に葉が枯れてきたら、以降は水やりの回数を控えめにします。肥料は、植え付け時にリン酸分の豊富な緩効性のもの(フラワーNo1など)を施すと良いでしょう。3年程度は植えっぱなしでも構いません。