山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.234】アカシア「モニカ」

2010.02.26

100226_hana3科名/マメ科
原産/オーストラリア
花期/2月~4月

 

《特徴》
一般的なアカシア(ミモザアカシア)より背が低く、葉っぱや花も小さいので、家で楽しむガーデニングに向いています。アカシア「モニカ」はアカシア類の中で最も背が低い品種で、こんもりと地表を覆う感じに育つので、街路樹に使われるミモザの様にはなりません。ふわふわの鮮やかな黄色い花も特徴的です。

 

《管理方法》
日当たりと水はけの良い所を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えて下さい。梅雨の長雨に当たると傷みますので、この時期は軒下で管理すると良いでしょう。霜や寒風に当たると落葉します。「落葉=枯死」とは限りませんが、寒冷地では、冬は室内に取り込んだ方が無難です。暖地であれば露地植えも可能です。強風にさらされると折れてしまうことがありますので注意しましょう。

花後は3分の1ぐらいに剪定して下さい。鉢植えの場合は花後に剪定をした後、排水の良い土(鹿沼土6:ピートモス3:腐葉土1)に植え替えると良いです。風通しが悪いとカイガラムシが発生しますので、その為にも剪定は重要です。肥料は花後に「お礼肥」(花が咲いた後や実を収穫した後に与える速効性の肥料のこと)として与えてください。