山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.233】カランコエ「エンゼルランプ」

2010.02.19

100219_hana3科名/ベンケイソウ科
原産国/マダガスカル島、アフリカ

 

カランコエは、「幸福を告げる」という花言葉をもち、気軽に室内で楽しめるテーブルフラワーとして人気の多肉植物です。可愛らしい星のような一重や八重の花をたくさんつけるタイプが一般的ですが、カランコエ「エンゼルランプ」は赤~濃紅色のランプのような鐘形の花をいっぱいにぶら下げて咲かせる近年人気の品種です。

 

《楽しみ方》
鉢植えのものを室内で楽しみます。多数のベル状の花が咲く姿は「エンゼルランプ」という名前にぴったりで、エキゾチックな雰囲気が漂い非常に印象的です。

 

《管理方法》
室内の明るい場所で管理します。レースのカーテン越しに日光があたる窓辺が最適です。暖かい時期は屋外に置いても大丈夫です。鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。多肉植物のため、乾燥に強く多湿に弱いので、水を与える回数は控えめにしましょう。

肥料は開花期に月1回程度、リン酸分の多い肥料を与えるとしっかりと咲きます。花のない5月~10月頃の生育期には2ヶ月に1回程度でOKです。花が咲き終わる5月頃にひと回り大きな鉢に植え替え、その時に3分の1程度に切り詰めましょう。