山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.228】梅盆栽(花梅)

2010.01.15

100115_hana2科名/バラ科

 

梅盆栽は、冬の寒い時期に美しい花を気軽に楽しめるため人気の鉢花です。梅の花は、松・竹とともに「厳寒の三友」と呼ばれ、古来より「めでたきもの」のしるしとされてきました。「三友」とは論語にある言葉で、人間を進歩させ社会に利益をもたらすものをさします。松竹梅盆栽は、お正月を祝い新年をめでたく迎えようとして飾られるようになりました。

 

《楽しみ方》
室内外のどちらでも楽しめます。ただし、室内に長期間置いておくと花色が薄くなる場合があるので、天気の良い日は定期的に屋外に出すようにしましょう。固いツボミの状態から膨らみはじめ、ゆっくりと花が開く様子が楽しめます。

 

《管理方法》
室内外の明るい場所で管理します。室内管理の場合、暖かい場所では開花が進みやすいため、管理には注意が必要です。暖房の効かない場所で管理する方が、より長く花を楽しむことができます。咲き終わったら屋外で管理するようにしましょう。

水は用土が乾いてからたっぷりと与えます。肥料は、2~6月までは月1回程度、9月下旬から10月上旬の間に1回程度リン酸分の多い固形肥料(バットグアノなど)を与えると良いです。植え替えは2年に1回位で、3月中旬から下旬に行うのが一般的です。