山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.216】ストレプトカーパス

2009.10.16

091016_hana3科名/イワタバコ科
原産地/南アフリカ、マダガスカル

 

半日陰でも良く花を咲かせ、暖かい間はほぼ年間を通して花を咲かせます。セントポーリアの仲間で、生育旺盛で大株になります。

「ストレプトカーパス」とは、ラテン語で「ねじれた果実」と言う意味で、花が咲いた後に実が熟すと、ねじれて種を飛ばすことからこの名前がつきました。有茎種と無茎種とがあります。

 

《楽しみ方》
鉢植え、つり鉢にして楽しむのに適しています。花終わりはこまめに摘み取るようにすると、株への負担が少なく繰り返し良く花を咲かせます。場所を変えるなどして15℃以上の環境を保つようにすると、年間を通して花を楽しむことが可能です。

 

《管理方法》
用土は通気性と水はけの良いものを使用します。春から秋は、屋外の直射日光が当たらない半日陰で管理しましょう。冬は屋内の日当たりの良い窓際で管理します。レースのカーテン越しに日光が当たる程度が最適です。

水は土の表面が乾いたらタップリと与えてください。肥料は月1回程度、リン酸分の多い肥料を与えると、よりしっかりと花を咲かせます。夏場は肥料を与える必要はありません。伸びてきたら剪定してあげると、わき芽が出てきて株の形が整います。