山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.208】セイロンライティア

2009.08.21

090821_hana1科名/キョウチクトウ科
原産地/スリランカ

 

純白の可愛らしい花を枝先に数輪咲かせる常緑の低木です。初夏から晩秋までの長い間、繰り返し花を咲かせ楽しませてくれます。丈夫な植物のため、病害虫の心配はほとんどなく、手のかからない管理のとても楽な植物です。

 

《楽しみ方》
鉢や花壇に植えて楽しみます。最近は小さな苗が手に入りやすくなったので、寄せ植えの材料としても多く用いられるようになりました。葉が硬めで熱帯植物の雰囲気が強いため、寄せ植えする場合は同じような特徴の夏向きの花と合わせるとよいでしょう。本来は2m程度になる花木ですが、鉢植えで30cm程度に仕立てるなど、コンパクトに管理して楽しむこともできます。

 

《管理方法》
日当たりの良い場所で管理しましょう。用土は腐植質に富む水もちの良いものを使用します。鉢植えの場合は、夏場は特に用土が乾きやすいため、置き場所は半日陰が良いです。熱帯地方原産のため、高温多湿に強く乾燥に弱い性質があるので、この点に留意しましょう。

水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。初夏から晩秋までは月1回程度、リン酸分の多い固形肥料等を与えるようにすると、繰り返し花をつけやすくなります。