山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.184】質問コーナー

2009.02.27

Q 4~5年前にカランコエを買い求めました。その時は花が咲いていましたが、その後はつぼみが付きません。肥料も与えてはいるのですが。

 

090227_hana1A カランコエは1日の日の長さが短くなると花芽を付ける短日植物です。夜にも照明が当たる場所では、植物自身が日が長いと判断して花芽が付きにくくなりますので、短日処理を行なうと良いでしょう。夕方の5時頃から翌朝の7時頃までダンボールなどをかぶせて、意図的に日照を調整し短日の状態を作ります。

この作業はつぼみが確認できるまで、毎日繰り返し行ないます。目安としては30~40日間ほどになります。カランコエは短日処理を行なえば、1年中花を楽しむことが出来ます。夏は涼しい所で、冬は室内で管理すると良いでしょう。

 

 

Q レモンの苗木を4~5年前に植えました。木は少し大きくなったのですが、花がいっこうに咲きません。葉っぱも虫に食べられます。

 

A 4~5年前に植えられて、木が少し大きくなっただけということは、もしかしたら土が固くて根張りがあまり良くないのかもしれません。植え付け時に堆肥などをしっかり混ぜて植え付けられたでしょうか?何を植えるのにも土づくりは大切ですので、もしされてなかったようでしたら、土づくりをして植えなおすことをおすすめします。

肥料は緩効性肥料を3・6・9・11月頃にやると良いでしょう。病気や害虫ですが、12~2月頃に石灰硫黄合剤を散布して予防すると良いです。すでに症状が出ている場合は、市販の薬を散布すると良いでしょう。