山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.181】春植えじゃがいも「インカのめざめ」

2009.02.06

090206_hana2春植えじゃがいも「インカのめざめ」

科名/ナス科

 

「インカのめざめ」は、原産地南米アンデス地域のじゃがいもを、日本でも栽培できるように品種改良した小粒じゃがいもです。茎は短くて細く、葉は小葉、花は淡紫色、肉色は濃黄色です。栗やさつまいものような風味で、食味が良く、煮くずれが少なく、人気のある高級じゃがいもです。

 

《土つくり》
排水の良い土に、じゃがいも専用肥料を入れておきます。

 

《植え付け》
「インカのめざめ」は、1個の重さが平均約50gと小さいので、種芋は切らずに丸ごと植えると良いでしょう。植える時期は、2月上旬~4月下旬です。新芽が霜の害を受けないよう注意しましょう。植え幅は20~30cm間隔、覆土は5~8cm位です。深めのプランターなどでも栽培可能です。

 

《育て方》
日当たりと風通しが良い場所で管理し、芽の長さが10cm位に伸びたら、1本の丈夫そうな芽だけを残して、他の芽は株元を押さえて引き抜きましょう。その後、株元に土寄せ(いもの肥大促進のため)を行ない、じゃがいも専用肥料を追肥します。追肥は、蕾が出た頃に再度行なうと良いでしょう。

 

《収穫》
花が咲き終わり、葉が黄色くなり始めたころが収穫時期です。晴れた日に掘りあげましょう。

 

《保存方法》
「インカのめざめ」は、冷蔵庫保存がおすすめです。低温保存することで甘みが増します。熟成を抑えて鮮度を保つためには、新聞紙などに包み、冷蔵庫に保存すると良いでしょう。

※「インカのめざめ」は非常に生命力が強く、一般的なじゃがいもよりも芽が出やすいので、芽が出ている場合取り除いて料理してください。