山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.168】アイスプラント

2008.10.31

engei168-1アイスプラント

科名/ツルナ科

原産/南アフリカ

 

《収穫》

わき芽が放射線状に広がっていきます(直径50㎝程)。やわらかい部分を、葉もしくはわき芽ごと収穫します。4月頃には花が咲きます。

 

《楽しみ方》

歯応えが良く、天然成分の塩気がうま味として人気の野菜です。中性脂肪を抑制する成分「ミオイノシトール」、血糖値を下げる効果がある成分「ピニトール」が含まれる機能性野菜としても注目されており、メタボリック対策や血糖値を下げる効果があると話題です。

そしてこのアイスプラントを見ると、キラキラしています。これは土の中の塩分やミネラルを吸って出来た物です。食べると自然の苦味と塩味があります。

 

《管理方法》

日当たりと水はけの良い所を好みます。生育適温は5~25度程度。耐寒性はマイナス2度くらいまでありますが、冬は室内の窓辺で管理すると良いでしょう。日中30度を超える日が続くと下葉が枯れますので、夏はできるだけ涼しい場所で管理してください。

土が乾いたら、葉がしおれないうちに水を与えて下さい。その際は、土に直接かけるようにしてください。高温期の過湿には注意が必要です。また雨や霜が当たらないよう、移動できるプランター等での栽培をおすすめします。

 

《利用法》

生のままサラダとして、他におひたしや天ぷらなどいろいろな料理に利用できます。サラダではシャキッとした口当たりで塩味とほのかな酸味があります。葉の水滴状の結晶が美しく、目でも舌でも楽しめます。火を通すと肉厚の葉がトロッとして、また違った味わいです。