山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.161】テランセラ(アキランサス)

2008.09.12

engei161-3テランセラ(アキランサス)

科名/ヒユ科

原産地/ブラジル

 

秋に鮮やかに紅葉した葉を観賞する、丈夫で育てやすい多年草です。花丈は10〜20cmです。毛氈花壇(もうせんかだん/丈の低い草花を植え込み、ジュウタンのように見せる花壇)や花壇の縁取りに適します。葉色は赤と黄色で、秋に花ができると葉色が鮮明になってきます。寒さに弱く、ごく弱い霜でも葉先が黒くなるので、初霜があったことを知らせてくれる植物です。

 

《楽しみ方》

秋になると黄色と赤色に色づいてくる2品種を用いて、文字や模様を描くのに用いる植物として利用されています。生育は旺盛で、敷き詰めて植えるとその色彩が見事なので、広く花壇で楽しまれています。花との寄せ植えにも利用しやすい植物です。

 

《管理方法》

できるだけ日当たりのよい場所に置いてください。日光不足になりますと徒長して、満足に紅葉しませんので注意してください。水は鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。また、できるだけ排水の良い用土に植えると育ちがよくなります。肥料は、窒素分が強いものを与えますと、葉の色の出が遅くなりますので、肥料はあまり与えないほうがよいです。冬越しさせるためには、霜にあわないうちに2〜3株を4号鉢に1株ずつ植え、日の当たる、5度以下にならない所に置いて保護してください。5月以降に株分けや挿し芽をすれば増やすことができます。