山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.160】ブロッコリー

2008.09.05

engei160-2ブロッコリー

 

ブロッコリーはビタミンAのもとになるカロテンや鉄、カルシウムなどの栄養価が高い野菜です。とくに花蕾(からい)のビタミンCはレモンの約2倍あります。柔らかい茎は、花蕾よりビタミンA、Cが豊富です。

味や香りにくせがないので、いろいろな料理に使えます。茎もゆでると甘みがでて、おいしく食べられます。紫色を帯びたものは、低温下育ちで起こるもので、ゆでれば緑色になり、味は変わりません。

 

《管理方法》

日当たりの良いところで育てます。植える場所は深さ30センチぐらいまで掘り起こしておきましょう。植え付け前には、石灰や堆肥、化成肥料を全面にまいて耕しておきます。植え付け時は株元の土が少し高くなる方がよいです。生育ぶりを見て定植後20~30日ごとに1回、計3~4回化成肥料を施します。農薬を使わないために防虫ネットやべたがけ資材などをトンネル状に覆うと、虫や鳥から野菜を守ることができます。

小さなつぼみが緻密により合って、全体として大きなかたまりとなった頃が収穫時期です。収穫したらすぐに、1株当たり油粕と化成肥料を2対1の割合で追肥をし、踏み固めた株まわりの土をやわらかくすると、側枝が育ち多く収穫できるようになります。