山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.149】オキシペタラム ブルースター

2008.06.13

engei149-1オキシペタラム ブルースター

科名/ガガイモ科トゥイーディア属

原産地/ブラジル、ウルグアイ

 

星形をした青色の花が咲きます。咲き始めは薄い花色ですが、だんだんと濃い色になります。茎はつる状に伸び、地植えすると50㎝~1m以上になることもあります。この他に白花種もあり、「ホワイトスター」と呼ばれています。

 

《楽しみ方》

切り花として人気がありますが、切り花にするときは、茎を切ったときに出る白い液を洗い流してから水に挿します。この乳液は有毒です。肌がかぶれたりする場合があるので注意してください。

 

《管理方法》

日当たりと水はけの良い場所に植えてください。露地、鉢植えで育てることができます。土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えてください。開花時期は5月~10月までで、耐寒性があります。霜に当てなければ冬越しもできます。固形肥料や花用の液肥を、2週間に1回程度与えてください。

草丈が伸びてくると倒れやすくなりますので、支柱を立ててください。芽が伸びてきたら随時摘芯するとわき芽が延び、花数が増えます。春に種まき、初夏~夏はさし芽で殖やすことができます。