山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.133】ハーデンベルギア

2008.02.15

engei133-3ハーデンベルギア

科名/マメ科

原産地/オーストラリア東部

 

和名の「小町藤」という名のとおり、小さな花を穂状に咲かせる藤を小型にしたようなつる性の植物です。

花の形は胡蝶蘭を小さくした感じで、とても可憐な印象を与えます。紫が基本ですが、ブルーやピンク、白などの園芸種もあり、花色も多彩です。近年一般的に出回り始め、人気が出てきた注目の花です。

 

《楽しみ方》

鉢植え・庭植えのどちらでも楽しめます。過湿や霜、強光線を避けられるよう、移動のできる鉢植えで育てる方が手軽で管理が容易です。性質自体は丈夫なので、そういった心配の少ない環境では地植えにし、フェンス等にからませたりして育てる楽しみ方もできます。咲き終わりの花はこまめに摘み取るようにすると、株への負担が少なく、長く楽しめるでしょう。

 

《管理方法》

日当たりと風通しの良い場所で管理しましょう。また、水はけの良い良質な土を使用すれば、より元気に育ちます。ハーデンベルギアを育てる重要なポイントは水やりにあります。土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えるようにします。冬場はほぼ休眠状態にあるため、それほど水を必要としません。表面が乾き2~3日程度たってから与えるとよいです。過湿、乾燥ともに気をつけるようにしましょう。冬場は霜にあたらないように管理します。肥料は開花中と花後にリン酸分の多い固形肥料(バットグアノなど)を月1回程度与えるとよいでしょう。