山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.108】アメリカンブルー

2007.08.10

engei108-1アメリカンブルー

科名/ヒルガオ科

原産/北〜南アメリカ

 

可愛らしい爽やかな色合いの青い花と、開花期が長く育てやすいことなどで人気の高い花です。アメリカ原産で1980年代に日本に入ってきたといわれています。アメリカではエボルブルスの名称で呼ばれていますが、輸入当初にアメリカ産の青い花を咲かせる植物ということで『アメリカンブルー』の商品名で取り扱われ、それが普及して定着したようです。花の大きさは1〜2cmで、茎は長く伸びますが直立せずに横に這うように延びていきます。

 

《楽しみ方》

花壇やコンテナなどで楽しむことができます。直射日光や雨に強いので、ハンギング等に利用しても良いでしょう。つる状に茎が伸びるので、壁面やフェンスなどのグランドカバーとしても利用できます。小さいブルーの花を次々と咲かせ、暑さにも強く真夏でも花を咲かせてくれます。丈夫で育てやすく、春から秋までの長期間楽しめます。

 

《管理方法》

水はけの良い土で育てましょう。日光を好むので、日当たりの良い場所での管理が適しています。水やりは土の表面が乾いてから、たっぷりと与えるようにしてください。春〜秋にかけて、10日に1回くらい液体肥料を与えるとよいでしょう。冬に肥料は必要ありません。花が終わる11月頃に茎を半分程度の長さに切り戻すと、春には新芽が出てきてバランスのよい株になります。