山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.107】ホテイアオイ

2007.08.03

engei107-1ホテイアオイ

科名/ミズアオイ科

原産/熱帯アフリカ

 

葉の付け根が空気を含む球状になっていて、これが浮き袋となって水面に浮かぶという、おもしろい構造をもった植物です。花は夏から秋口にかけて青色の花が房状に数多く咲きます。

ヒヤシンスに似て美しい花を咲かせることから、英名ではウォーター・ヒヤシンスと呼ばれています。夏に楽しむ水生植物として水辺に多く利用されます。

 

《楽しみ方》

扱い方が簡単ですのでスイレンのかわりに池の中に浮かべてみるとおもしろいです。

穴をふさいだプランターなどで庭の片隅に置くと、夏の涼しさを感じることができます。スイレン鉢などに他の水生植物との寄せ植えにして、夏のコンテナガーデンにするのもおすすめです。

 

《管理方法》

花付きを良くするには、鉢の底に泥を入れて水深10~15cmにし、日当たりの良いところで育てると良いです。理想的な水温は18~23℃です。冬場は水温が5℃以下にならないように管理してください。冬越しのためには、10℃以上ある温室内で発泡スチロールの箱に水を張って移し入れて置きます。肥料は特に施す必要はありません。株分けは高温時の夏に行ってください。