山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.103】球根ベゴニア

2007.07.06

engei103-1球根ベゴニア

科名/ベゴニア科

 

たくさんの種類があるベゴニアの中でも、特に美しく豪華な花を咲かせてくれるのが「球根ベゴニア」です。原種は南アメリカの熱帯高山帯に6種ほどが自生しており、それらを元に園芸交配されて様々な品種が作り出されています。

 

《楽しみ方》

鉢植えで楽しむのがよいでしょう。洋蘭などに使われる素焼きの鉢は、鉢内の温度を低くでき、花にやさしいためオススメです。また、ハンギングバスケット等に利用しても良いでしょう。球根ベゴニアは2つの雌花と1つの雄花が1つの茎から咲きます。大輪系の品種では、美しい雄花を充実させるために雌花は摘み取ってしまいましょう。

 

《管理方法》

室内の風通しの良い場所に置きましょう。レース越しに日が差し込む環境が最適です。春と秋は屋外で管理してもよいでしょう。水は、土の表面が乾いてから、たっぷりと与えるようにしてください。花が咲き終わったら、茎を短く切り戻してください。肥料は、月に1度固形肥料を与えるか、週に1回薄い液体肥料を与えてください。