山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.093】大玉トマト「甘熟王」

2007.04.27

engei093-2大玉トマト「甘熟王」

 

大玉トマトの中でも極めて糖度の高い食味に優れた品種です。接木苗ですので、種をまいて作った実生苗と違って、病気に強く、安定した収穫を期待できます。果実は200〜230gとなる完熟タイプの早生種です。甘味が強く酸味も適度でコクがあり、トマトの香りのする美味しいトマトです。収穫期は6月上旬〜8月中旬です。

 

《良い苗の選び方》

茎が太く、葉の緑が濃いもの。ずんぐりとした安定性のよい草姿のもの。鉢穴を見ると白い根がびっしり生えているものなどを選んでください。

 

《管理方法》

光線を好むので、日当たりのよいところで育てます。根は深さ1m、広さ3mも張るといわれるほど旺盛な生育をしますので、耕土の深いところに適します。畑作りは、石灰をかなり必要としますから、栽培の2週間前に1㎡あたり苦土石灰200g程度を全面に施しよく耕しておきましょう。肥料は、元肥はやや控えめにし、着果をみてから追肥するのがトマトづくりのコツです。収穫は、開花後40日〜50日で収穫期になります。果実が十分に色づいたトマトを、朝の涼しいうちに収穫します。