山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.080】アイビーゼラニウム

2007.01.26

engei080-1アイビーゼラニウム

科名/フウロソウ科

原産/南アフリカ

 

花壇やプランター、寄せ植えなどで大活躍のゼラニウムの近縁種で、茎が半つる性で這うように広がるのがこのアイビーゼラニウムです。普通のゼラニウムに比べ、葉は肉質で硬く、やや光沢があり、ほとんどの品種は葉がアイビーの葉のような形をしています。

花は小輪ながら多花性で、色鮮やかです。

 

《楽しみ方》

茎は細めで、横に半つる状に広がりますので、ハンギングバスケットなどに適しています。また、スタンドカップのような腰高な鉢に植えて花が垂れ下がりながら咲く姿を楽しむのもよいでしょう。

 

《管理方法》

日当たりのよい、風通しのよい場所を好みます。雨を避けて、日当たりのよい軒下での鉢作りか、吊り鉢植えなどが適しています。普通のゼラニウムと比べ、夏の暑さに弱いので、夏期は半日陰の風通しのよい場所で夏越しさせてください。過湿を嫌いますので、排水のよい用土で植え付け、緩効性の肥料を元肥として混ぜ込んでください。窒素肥料を与え過ぎると葉ばかりが茂りすぎ、花付きが悪くなるので注意してください。