山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.077】迎春用コンテナガーデン

2006.12.29

engei077-3engei077-2 お正月を迎えるにあたって玄関先などに飾られる門松や松竹梅盆栽なども近年のコンテナガーデン(寄せ植え)ブームなどの影響を受け、様々に変化しつつあります。

 

従来、門松は大きなものを1対で置くのが普通でしたが、最近では1対で1万円以内の小さな「ミニ門松」などが出回るようになり、ご自分で作成する人も多くなってきました。

 

また、門松と松竹梅盆栽をあわせたようなコンテナガーデン(寄せ植え)にガーデンシクラメンやパンジービオラなどの草花を取り混ぜたものが最も人気を集めており、自宅用だけでなく、贈り物としても多く使われるようになりました。

 

 

engei077-1《楽しみ方》

「こうしなくてはいけない」といった決まりごとはないので、個性を生かして「自分だけの」オリジナルコンテナガーデンを作ってみてはいかがでしょうか?

 

ただし、迎春用のコンテナガーデンを作るのであれば、やはり松竹梅やハボタン、ナンテンなどの材料と、獅子舞や凧などの正月を連想させるようなピック(人形に細長い支柱のついた飾り)を使うと簡単に正月を彩るにふさわしいものができあがります。今年は一つ、写真を参考にしてあなたも迎春用コンテナガーデン作りに挑戦してみませんか?