山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.076】クリスマスホーリー

2006.12.22

engei076-2クリスマスホーリー

科名/モチノキ科

原産/西アジア〜ヨーロッパ南部、アフリカ北部

 

クリスマスケーキの包装などの図柄によく使われているトゲのある濃緑色の葉に赤い実が特徴的な植物で、花言葉は「神を信じます」です。ヨーロッパではモミの木より起源は古く、赤い実には魔除けの力があるとされ、リースに飾るのはこのためです。このトゲも、木が老木になってくるとなくなります。開花は4月頃で、その後結実し、11月頃から色付いてきます。雌雄異株ですが、雄株にも結実します。性質は非常に強健で、鉢植えのみならず、庭植えも出来ますし、生垣などにも利用できます。

 

《楽しみ方》

高さが50cm以上あるものでしたら飾りつけをしてクリスマスツリーのように楽しめます。枝を切ってリースの素材に、またコンテナガーデンの寄せ植え材料としても利用できます。

 

《管理方法》

耐寒性があり病気にも強く育てやすい常緑低木です。日当たりのよい場所で管理してください。鉢植えの場合は、水切れに気をつけ、1〜2年に1回は植え替えをしてください。肥料は窒素分の少ない肥料を少量与えてください。