山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.074】イングリッシュローズ

2006.12.08

engei074-3イングリッシュローズ

科名/バラ科

 

イギリスのバラ育種家、デビッド・オースチンがオールドローズとモダンブッシュローズを交雑し作出したバラを総じて「イングリッシュローズ」といいます。オールドローズの持つ魅力、芳香、丈夫さを受け継ぎつつ、繰り返し咲き、耐病性、多彩な色幅といったモダンブッシュローズの特徴も備えています。1970年代から発表されてきた数多くのすばらしい作品は今日では先進国のほとんどで育てられ、その魅力、美しさ、豊かな芳香で世界中のバラ愛好家をとりこにしています。

 

《管理方法》

日当たり、風通し、排水のよい場所に植えつけてください。植え穴は出来るだけ大きく掘り、底に十分な元肥を施し、また肥料の上には掘り上げた土を戻し、根と肥料が直接つかないようにしてください。植え付け後にたっぷりと水を与えてください。イングリッシュローズはほとんどの場合2年生以上の大苗ですので、植え付け適期は11月〜2月です。気温が上がり、新芽が伸び始める頃には病害虫が発生しますので、予防・駆除に努めてください。