山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.069】アメジストセージ

2006.11.03

engei069-3アメジストセージ

科名/シソ科

 

学名をサルビア・レウカンサ、別名をメキシカン・ブッシュセージといい、秋の始まりにパープルの細長い花をたくさん咲かせます。近くで見るとアメジストの宝石のようなきれいなパープル色、そしてふわふわとしたビロードのような衣を着ているのがわかります。実はこの衣はがく片で、その中から出てくる赤紫や白いものが花です。学名のサルビアとは、ラテン語で「治療」や「健康」という意味があり、古来より万能薬として用いられ、消化や殺菌、精神安定に効く薬草を意味します。ですが、このアメジストセージはセージの特徴である薬用効果は期待できず、観賞用のほかポプリやドライフラワーとして楽しむのが一般的です。

 

《管理方法》

日当たりと風通しのよい場所で育てます。真夏の西日は避けて、株元が乾燥しすぎないよう気をつけてください。春先に肥料を与え、初夏に一度茎の先端を切り揃えると、わきから新芽が多く出て、より多くの花を楽しむことができます。