山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.047】トレニア

2006.05.26

engei047-2トレニア

科名/ゴマノハグサ科

 

インドネシア、ベトナム原産の一年草で、草丈は20~30cm。多花性で、直径3ほどの花が初夏〜秋まで次々に咲き続け、花壇に適しています。原産地からも想像できるように、完全な高温性の草花で、寒さには弱い反面、真夏の高温期にも暑さにくたばることなく咲き続けます。一年草ですが、多くのこぼれダネが翌春に発芽して、花を再び咲かせてくれます。

 

《楽しみ方》

花壇やプランターなど、日当たりさえよければ、土質も選ばず秋も遅くまで花を楽しむことができます。株が大きくなるので寄せ植えなどには向きませんが、大きめのテラコッタプランターなどに植え込むと、見ごたえのある株に生長します。

 

《管理方法》

日当たりのよい場所に植えつけてください。花期が長いので元肥を十分与え、植え付け後1ヶ月後からは草花用の追肥を与えるようにしてください。生育旺盛で肥料を多く必要とします。肥料不足になると葉色が黄色っぽくなり、花数が少なくなりますので、そうなる前に月に1回は追肥を与えるようにしてください。