山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.045】カーネーション

2006.05.12

engei045-1カーネーション

科名/ナデシコ科

原産/コーカサス地方

 

母親にカーネーションを贈る「母の日」。この習慣は、1908年にアメリカで始まったといわれます。アンナジャーヴィスは、亡き母を偲ぶ礼拝式で、母が最も好きだったカーネーションを壺一杯に飾りました。これが5月の第2日曜のことでした。カーネーションの持つ香しさや清らかさは、母の愛の象徴とされていたこともあり、この習慣は広く世界に伝わりました。日本へは大正時代に伝わったそうです。

 

《管理方法》

日光を大変好みますので、できるだけ直射日光が一日中当たる、風通しのよい場所に置いてください。日照時間が足りないと、蕾の開きが悪くなります。日光に当たる分、水も毎日たっぷりと与えてあげましょう。水が不足すると花が傷んだりします。母の日が終わった後、花壇や大きめの鉢に植え替えると、より長く育てることができます。水はけのよい土を用い、日当たりのよい場所を選んでください。肥料は月に1回程度、鉢物用肥料をあげましょう。