山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

【Vol.044】ラベンダー

2006.04.29

engei044-2ラベンダー

科名/シソ科

原産地/地中海沿岸

 

ラベンダーは、知っている人が多いハーブの一つで、北海道のラベンダー畑は観光地としても有名ですね。ラベンダーの種類はたくさんありますが、「イングリッシュラベンダー」と呼ばれる種が一番多く、ほかの種類もそれぞれが特徴のある草姿をしています。また、ラベンダーの語源は「洗う」を意味するラテン語「ラヴァレ」に由来します。爽やかな香りからハーブの女王とも呼ばれ、リラックスする時などに最適です。

 

《楽しみ方》

種まき、挿し木で殖やすことができます。挿し木の時期は5〜6月、9〜10月で、虫や病気のついていない芽を10cmほどの長さに切って挿し穂とします。その際、土に埋まる部分の葉を全部取っておきましょう。種まきは4月に行ないます。種は発芽しにくく、2週間ほどかかるので、それまで土壌を乾かさないように十分注意しましょう。

 

《管理方法》

日当たりと風通しのよい場所にアルカリ性土壌で植えつけてください。梅雨時期に蒸れてしまい、中央部分や下葉が枯れあがってしまうことがあるので、梅雨時期前にも株の中が蒸れない為に、込み合っている部分は刈り込み、風通しが良くなるようにしましょう。冬は0度以上あれば枯れることはありませんので、戸外でも特に防寒などの必要はありません。